メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

倖田來未

ガガ主演映画に思い出し泣き? 「たくさん泣けるシーンがあった」

映画「アリー/スター誕生」のイベントにゲスト出演した倖田來未さん

 歌手の倖田來未さんが10日、東京都内で行われたレディー・ガガさんの初主演映画「アリー/スター誕生」(ブラッドリー・クーパー監督)のイベントにゲスト出演した。今作を鑑賞したという倖田さんは、「たくさん泣けるシーンがあるんですけど、(ガガさん演じる)アリーのターニングポイントで泣きました。思い出しただけで泣けてくる」と目を潤ませていた。

 倖田さんは映画について「ガガちゃんのリアルストーリーなのかなって思ったシーンがたくさんあった。彼女と対談したことがあって、彼女も下積み時代にクラブで歌ったりしながら人に認められていったというプロセスを聞いていて」と語り、「私もデビューして5、6年ぐらいは大きな場所で歌えなくて、(新宿)2丁目のお姉様方に呼んでもらって、可愛がってもらった時代があったから」と共感した様子だった。

 イベントには美容家のIKKOさんも出演。IKKOさんは、今年の抱負を聞かれて「恋愛をご無沙汰していたんですけど、この映画を見て、『ウェルカムー!』。来る者拒まず、男をゲットしたいです」と持ちネタを披露し、観客を沸かせていた。

 映画は、音楽業界での成功を夢見る主人公のアリーが、国民的ミュージシャンのジャクソン(クーパーさん)に才能を見いだされ、ショービジネスの世界で愛と挫折を経験しながらスターへの階段を駆け上がっていく物語。クリント・イーストウッド監督の下で映画「アメリカン・スナイパー」の主演・製作を務めたクーパーさんの初監督作品。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  3. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. WEB CARTOP 明らかに健康に悪そう! いまだに地方で黒煙を上げる大型ディーゼル車が走っているワケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです