日韓、溝さらに深く 徴用工、レーダー照射、慰安婦…韓国は先送り戦略

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新年の記者会見で報道陣の質問に答える韓国の文在寅大統領=ソウルの青瓦台(大統領府)で10日、ロイター
新年の記者会見で報道陣の質問に答える韓国の文在寅大統領=ソウルの青瓦台(大統領府)で10日、ロイター

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は10日、新年の記者会見で元徴用工訴訟などを巡り悪化する日韓関係について、「共に知恵を合わせるべきだ」と述べつつも「日本側が問題を拡散している」と不満を隠さなかった。しかし、元慰安婦支援財団の解散や韓国海軍によるレーダー照射問題など、韓国側からの否定的な動きが続く中、日本側には文政権が日韓関係を管理するために主体的な役割を果たしていないとのいらだちが募っている。

 「実は、あなたの後ろの記者をあてたんだけどね」

この記事は有料記事です。

残り1769文字(全文1994文字)

あわせて読みたい

ニュース特集