露外務次官、安倍首相の北方領土発言を批判

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【モスクワ大前仁】ロシアのモルグロフ外務次官は9日、上月豊久駐露大使をロシア外務省に呼び、安倍晋三首相を念頭に、最近の日本政府指導者の北方領土問題に関する発言を批判した。ロシア外務省が同日の声明で明かした。日露両国が今月14日の外相会談から平和条約交渉を本格化させることに先立ち、厳しい態度で臨むことを鮮明にした形だ。

 モルグロフ氏が問題視したのは▽南クリル諸島(ロシアの北方領土の呼称)住民に対し、日本に帰属変更することへの理解を求めていく▽今年が平和条約交渉の「転換点になる」▽日本がロシアに対し北方領土の元島民への賠償を求めない――という発言や報道。安倍首相が今月放映された番組や年頭会見で発言したり一部報道で伝えられていたりした。

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文465文字)

あわせて読みたい

注目の特集