メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「日本国紀」 現代史家の秦郁彦氏「私はこう読んだ」

現代史家の秦郁彦氏=東京都目黒区で2014年10月7日、喜屋武真之介撮影

 作家、百田尚樹氏の新刊「日本国紀」(幻冬舎)が議論を呼んでいる。参考資料や出典の記述がほとんどなく、「ウィキペディア」などからの「コピペ」(コピー・アンド・ペースト)が多数あるのではないかとの指摘がソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で相次いだからだ。この経緯について毎日新聞は昨年12月20日にニュースサイトに記事を掲載したが、その中でコメントした識者の1人で現代史家の秦郁彦氏(86)のインタビューを詳報する。従軍慰安婦問題などの研究で知られる秦氏は「日本国紀」をどう読んだのか。【大村健一/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り3238文字(全文3506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです