西宮神社の「福男」今年は広島の消防士 5000人が230メートル疾走

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で10日早朝、十日えびすの参拝一番乗りを目指して境内を走る恒例の「開門神事 福男選び」があった。先頭の「一番福」は広島県福山市の消防士、山本優希さん(22)が獲得した。山本さんは昨年、西日本豪雨の被災地に出動しており「みんなが笑顔で過ごせるように福を授けたい。この1年間、災害が少ないことを願っています…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

あわせて読みたい

ニュース特集