メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西宮神社の「福男」今年は広島の消防士 5000人が230メートル疾走

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、西宮神社(兵庫県西宮市)で10日早朝、十日えびすの参拝一番乗りを目指して境内を走る恒例の「開門神事 福男選び」があった。先頭の「一番福」は広島県福山市の消防士、山本優希さん(22)が獲得した。山本さんは昨年、西日本豪雨の被災地に出動しており「みんなが笑顔で過ごせるように福を授けたい。この1年間、災害が少ないことを願っています…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 変異株の感染確認、なぜ静岡で 英国滞在歴なし 厚労省クラスター班調査へ

  4. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  5. 「コロナ収束に2、3年、経済回復には3年」 経営コンサル会社に聞いた“不都合”なシナリオ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです