メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性的少数者対応 「適切にできない」46.7% 千葉・船橋市職員アンケ

 千葉県船橋市は9日、性的少数者(LGBTなど)へ市職員らが適正に対応するためのガイドライン作成に向けて行った職員アンケートの結果を公表した。性的少数者に対して適切に対応できるかについて「あまりできない」もしくは「できない」と回答した職員が計46・7%いて、ガイドラインの必要性をうかがわせた。ガイドラインは今年度末までに作成する。

 アンケートは昨年10月に庁内インターネットや書面により任意で行われ、対象の4357人のうち1753人(うち管理職262人)から回答があった。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. 「ピーク越え?」「局地的には厳しい」「ワクチン評価まだ」 専門家も戸惑うコロナの不思議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです