メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大宮駅ホーム下を「住み家」に 侵入容疑で20歳専門学校生逮捕

 JR大宮駅(さいたま市大宮区)のホーム下に侵入したとして、埼玉県警大宮署は9日、同県久喜市の専門学校2年、小暮陸(りく)容疑者(20)を建造物侵入容疑で逮捕した。同署によると、小暮容疑者は「ホームの下に入り込み寝泊まりしていた。就職で悩んでいて家に帰りたくなかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は9日午後0時20分ごろから同1時半ごろまで、JR大宮駅12番線のホーム下に侵入したとしている。

 同署や消防によると、同1時過ぎ、「ホームから煙が出ている」と駅員から119番があり、駆けつけた消防署員がホーム下を調べると木材やビニール袋が燃えた跡があり、近くに座っていた小暮容疑者を発見した。12番線は現在使われていないホーム。同署は小暮容疑者と発煙との関連を調べている。

 JR東日本大宮支社によると、発煙の影響で湘南新宿ラインが一時運転を見合わせた。【鈴木拓也】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
  3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
  5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです