「水戸はダメ。死ね」茨城県部長が不適切投稿

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
茨城県庁=水戸市笠原町で、松本尚也撮影
茨城県庁=水戸市笠原町で、松本尚也撮影

 茨城県の魅力度アップに取り組む同県営業戦略部の堀江英夫部長が、自身のフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」との書き込みをしていたことが10日、明らかになった。5日夜の書き込みで、約2時間後に削除したという。水戸市は同県の県庁所在地。堀江部長は取材に「当時は酒を飲んで記憶が無く、なぜ書き込んだのか分からない。反省している」と謝罪した。

 同部は、民間シンクタンクの都道府県別魅力度ランキングで6年連続最下位に沈む同県の企業誘致や観光振興、農産品の販路拡大などを担う。昨年4月、大井川和彦知事の肝いりで新設された。

この記事は有料記事です。

残り202文字(全文460文字)

あわせて読みたい

ニュース特集