メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

証券監視委、日産とゴーン前会長ら告発 役員報酬過少記載容疑

 証券取引等監視委員会は10日、2015~17年度の役員報酬を過少記載したとして、日産自動車のカルロス・ゴーン前会長(64)とグレッグ・ケリー前代表取締役(62)のほか、法人としての日産を金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いで東京地検に刑事告発した。2人は10~14年度分のゴーン前会長の役員報酬を巡る同法違反で既に起訴されている。

     監視委によると、15~17年度の前会長の役員報酬が計約71億7500万円だったのに、計約29億400万円とする虚偽の報告書を出したとしている。【片平知宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走
    2. 防衛省 にじみ出る不快感 レーダー照射問題
    3. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
    4. 韓国国防省、探知音は「実体が分からない機械音」 レーダー照射問題
    5. レーダー照射「あとは引き金引くだけ」 政府に強い衝撃、日韓悪化避けられず

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです