メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸自ヘリにレーザー照射 宮崎県警が捜査

 陸上自衛隊西部方面隊(熊本市)は10日、昨年10月に宮崎県諸塚村上空を飛んでいた輸送ヘリコプター(乗員10人)が何者かからレーザー照射を受けたと発表した。操縦していた副操縦士が照射で左目の視力が一時低下したが、機長が操縦を代わって大きなトラブルにはならなかった。県警が威力業務妨害容疑などで捜査している。

 同方面隊によると、昨年10月24日午後7時25分ごろ、宮崎県日向沖で訓練飛行をした輸送ヘリCH―47JAが所属する陸自高遊原(たかゆうばる)分屯地(熊本県益城町)へ戻る途中、左下方から約1分間にわたって緑色のレーザー照射を受けたという。

 同方面隊は「乗員の生命を脅かす危険な行為で深刻に受け止めている」とコメントした。【清水晃平】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです