メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウふ化試験へ 長野・木曽駒ケ岳で来年度

木曽駒ケ岳で見つかったニホンライチョウ=2018年11月4日(中田昌宏さん提供)

 国の特別天然記念物で絶滅危惧種のニホンライチョウが50年前まで生息していた長野県・中央アルプスの木曽駒ケ岳(2956メートル)で昨年確認され、環境省などは来年度、このライチョウに有精卵を抱かせてふ化させる試験を始める。野生復帰と生息域拡大への第一歩としたい考えだが、天敵対策など課題も残る。

 同省の専門家検討会が10日開かれ、試験計画を了承した。ニホンライチョウは1980年代には約3000羽が生息していた。近年、生息環境の悪化などで生息数を減らし、現在は北アルプスや南アルプスなどで2000羽以下とされる。

 中央アルプスでは69年を最後に目撃例が無かった。しかし、木曽駒ケ岳で昨年7月と11月、登山客が雌のライチョウを見つけ、撮影した。営巣状況やDNA検査結果から、2017年ごろに北アルプスか乗鞍岳から飛来し、定着したとみられる。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文673文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  4. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  5. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです