メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「レスリングは全てやりつくした」 吉田沙保里さん、引退会見

 レスリング女子で五輪3連覇して国民栄誉賞を受賞し、現役引退を表明した吉田沙保里さん(36)=至学館大職=が10日、東京都内のホテルで記者会見し、「レスリングは全てやりつくしたとの思いが強く、引退を決断した」と心境を語った。8日に自身のツイッターで「33年間の選手生活に区切りをつけることを決断いたしました」とつづっていた。

 吉田さんは三重県一志町(現・津市)出身。3歳から自宅の道場で、元全日本選手権覇者の父栄勝(えいかつ)さんから指導を受けた。中京女子大(現至学館大)に進学後は、同大監督を長年務めた栄和人氏の指導で成長した。

この記事は有料記事です。

残り769文字(全文1034文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 現職の吉村美栄子氏が4選 自公推薦の新人破る 山形県知事選

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです