メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽天、スタジアムでキャッシュレス化 プロ野球とサッカーJ1

 楽天は10日、グループ会社が運営するプロ野球の東北楽天ゴールデンイーグルスとサッカーJ1のヴィッセル神戸の両本拠地スタジアムで、今季からチケットや飲食、グッズなどの販売で原則、現金を受け付けず、キャッシュレス化すると発表した。楽天によると、スタジアム内でのこうした取り組みは初めて。

     東北楽天は楽天生命パーク宮城(仙台市)での4月2日のホーム開幕戦、ヴィッセル神戸はノエビアスタジアム神戸での開幕戦(日程未定)からサービスを始める。スムーズな会計で来場者の利便性を高めたり、キャッシュレス決済の普及を拡大したりするのが狙い。現金しかない来場者には、電子カードの販売や貸し出しを行う。中学生以下には、現金をチャージできるカードを無料配布するという。

     来場者が戸惑うことも予想される。しかし、楽天の広報担当者は「慣れてもらうことで割引のお得感や便利さを知ってもらいたい」と理解を求めた。

     スタジアム内で使用できるのは、スマートフォンのアプリ決済「楽天ペイ」や電子マネー「楽天Edy」のほか、クレジットカードやデビットカードとなる。【浅妻博之】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです