メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

あなたも記者に! 特派員募集しています

[PR]

 毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん毎小まいしょう)は、1936年創刊ねんそうかんの、日本にっぽんもっと歴史れきしのあるども新聞しんぶんです。読者どくしゃなかから、ともに紙面作しめんづくりに参加さんかしてくれる特派員とくはいん募集ぼしゅうしています。対象たいしょう小学しょうがく年生ねんせい中学ちゅうがく年生ねんせいです。

     特派員とくはいんになると、自分じぶん体験たいけんなどを原稿げんこうにして写真しゃしんとともに紙面しめん掲載けいさいする「はしれ!毎小特派員まいしょうとくはいん」や、あこがれのひと直接会ちょくせつあってインタビューできる「あのひとった」のコーナーに参加さんかできます。

     「あのひとった」ではこれまで、プロ野球選手やきゅうせんしゅ大谷翔平おおたにしょうへいさんや卓球たっきゅう伊藤美誠いとうみまさん、宇宙飛行士うちゅうひこうし古川聡ふるかわさとしさん、女優じょゆう広瀬ひろせすずさん、作家さっかはらゆたかさん、人気にんきバンドのSEKAIセカイNOOWARIオワリさんなどにインタビューしてもらいました。いたいひと名前なまえをはがきにいてどんどん応募おうぼしてください。

     応募おうぼは、はがきに住所じゅうしょ名前なまえ学年がくねん電話番号でんわばんごういて〒100-8051(住所じゅうしょはいりません) 毎日小学生新聞編集部まいにちしょうがくせいしんぶんへんしゅうぶ特派員登録係とくはいんとうろくがかり」か「あのひとったがかり」まで。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    3. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

    4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    5. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです