メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

あなたも記者に! 特派員募集しています

 毎日小学生新聞まいにちしょうがくせいしんぶん毎小まいしょう)は、1936年創刊ねんそうかんの、日本にっぽんもっと歴史れきしのあるども新聞しんぶんです。読者どくしゃなかから、ともに紙面作しめんづくりに参加さんかしてくれる特派員とくはいん募集ぼしゅうしています。対象たいしょう小学しょうがく年生ねんせい中学ちゅうがく年生ねんせいです。

     特派員とくはいんになると、自分じぶん体験たいけんなどを原稿げんこうにして写真しゃしんとともに紙面しめん掲載けいさいする「はしれ!毎小特派員まいしょうとくはいん」や、あこがれのひと直接会ちょくせつあってインタビューできる「あのひとった」のコーナーに参加さんかできます。

     「あのひとった」ではこれまで、プロ野球選手やきゅうせんしゅ大谷翔平おおたにしょうへいさんや卓球たっきゅう伊藤美誠いとうみまさん、宇宙飛行士うちゅうひこうし古川聡ふるかわさとしさん、女優じょゆう広瀬ひろせすずさん、作家さっかはらゆたかさん、人気にんきバンドのSEKAIセカイNOOWARIオワリさんなどにインタビューしてもらいました。いたいひと名前なまえをはがきにいてどんどん応募おうぼしてください。

     応募おうぼは、はがきに住所じゅうしょ名前なまえ学年がくねん電話番号でんわばんごういて〒100-8051(住所じゅうしょはいりません) 毎日小学生新聞編集部まいにちしょうがくせいしんぶんへんしゅうぶ特派員登録係とくはいんとうろくがかり」か「あのひとったがかり」まで。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
    2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
    3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
    4. イチロー、華麗な守備は健在
    5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです