メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎小ニュース

社会 元徴用工の被爆認める 長崎地裁

原告3人の写真を手に勝訴を喜ぶ支援者たち=長崎市で2019年1月8日午後1時21分、徳野仁子撮影

[PR]

 戦時中せんじちゅう長崎市ながさきし三菱重工長崎みつびしじゅうこうながさき造船ぞうせんしょ徴用ちょうようされて被爆ひばくしたとして、90だい韓国人男性かんこくじんだんせいにんが、長崎市ながさきしくに被爆者健康手帳ひばくしゃけんこうてちょう交付こうふなどをもとめた裁判さいばん判決はんけつが8ようか長崎地裁ながさきちさいでありました。長崎地裁ながさきちさいは、3にん被爆者ひばくしゃみとめ、全員ぜんいん手帳てちょう交付こうふするようめいじました。

     3にんは1945ねんがつここのか造船所ぞうせんしょないなどで被爆ひばくしたとして、手帳てちょう交付こうふ申請しんせいしました。は3にん証言しょうげん疑問ぎもんがあり、証拠しょうこもないとして申請しんせい却下きゃっかしました。判決はんけつは、原爆投下げんばくとうかから70ねん以上いじょうがたち記憶きおく一部いちぶがあいまいだったり、被爆ひばく証拠しょうこがなかったりしても、原告げんこく証言しょうげん信用しんようできるとしました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

    2. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    5. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです