メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 1945ねん広島市ひろしまし長崎市ながさきしへの原子爆弾投下げんしばくだんとうか被爆ひばくしたひとに、くに法律ほうりつもとづいてわた手帳てちょうです。医療費いりょうひ無料むりょうになったり、健康診断けんこうしんだんけられたりするなど、くにからの支援しえんけられます。

     (1)広島市ひろしまし長崎市ながさきしなどで直接ちょくせつ被爆ひばくした(2)原爆投下げんばくとうかから2週間しゅうかん以内いない爆心地ばくしんちからやく2キロメートル以内いないはいった--などの条件じょうけんたすと交付こうふされます。

     昨年さくねんがつまつ現在げんざい手帳てちょう所持しょじしているひとは15まん4859にんです。このなかで韓国かんこくひとは2241にんです。一方いっぽう長崎市ながさきしは、長崎ながさき被爆ひばくした朝鮮半島ちょうせんはんとう出身しゅっしんしゃは1まん2000~1まん3000にん推計すいけいしています。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
    2. 大阪市長選告示 新人2人届け出 「大阪都構想」の是非問う
    3. フィギュアスケート 世界選手権 羽生、情感と執念の2位 鬼門のループ成功
    4. 習志野が好走塁 1点を追加しリード広げる
    5. 投の横浜と強打の明豊が対決 センバツ第2日の見どころ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです