メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

豪首相の写真でスタッフが加工ミス、低迷の政府に追い打ち

 1月9日、オーストラリアのモリソン首相のウェブサイトに掲載された新しい家族写真で、スタッフの加工ミスにより首相の左足が2本になるハプニングがあった。写真は加工後(上)と加工前(下)、提供写真(2019年 ロイター/Department of Prime Minister and Cabinet)

 [シドニー 9日 ロイター] - オーストラリアのモリソン首相のウェブサイトに掲載された新しい家族写真で、スタッフの加工ミスにより首相の左足が2本になるハプニングがあった。

     首相の靴がみすぼらしかったため、削除しようとした際に左足が2本になってしまったもので、ソーシャルメディアでは嘲笑の投稿が相次いでいる。

     首相の報道官は、写真の加工は首相の認識も許可もなしで行われたと述べた。

     首相は、スタッフは足を加工する代わりに後退しつつある生え際のほうに手を加えることもできたのに、とジョークをツイートするなど火消しを試みている。

     ただアナリストは、世論調査で連立与党が支持率で野党労働党に遅れを取り、5月までに行われる選挙で大敗が予想される中、こうしたことは政府の再選キャンペーンに打撃になるとの見方を示した。

     フリンダース大学のヘイドン・マニング政治学教授は、「再選を果たすにはすべてが正しく機能する必要がある。首相にとって嘲笑は絶対に要らないもの」と述べた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
    2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
    3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
    4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
    5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです