メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

時代がにおう昭和の声 エッセイスト・永瀬嘉平さんの耳に今も

「意外におとなしい人だった」と永瀬さんが語る芸術家、岡本太郎さん=1968年4月14日撮影

万博?必要なかったね 岡本太郎さん

情報社会になるにつれ、多忙と過労に追い回されていく 中西悟堂さん

駿馬が駄馬と一緒にいると、駄馬になる。政治の世界にいるとよくわかる 加藤シヅエさん

 昭和は遠くなりにけり……。元号が変わる今年、戦後のあの空気がなんだか懐かしい。日本全国の滝や樹木の写真集を発表してきたエッセイスト、永瀬嘉平(かへい)さん(78)の耳には長く交流した「昭和の偉人たち」の肉声が響いている。その言葉から浮かび上がる時代のにおいを紹介したい。【藤原章生】

 永瀬さんは昭和の頃、雑誌「カメラ毎日」の編集次長や「毎日グラフ」「サンデー毎日」の編集者として各界…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. パワハラで課長を停職3カ月 被害の部下3カ月休職 埼玉・嵐山町
  2. コンビニで成人誌取り扱い中止 8月末からセブン、ローソンで
  3. 小室圭さん、母の元婚約者男性との「金銭問題は解決済み」と公表へ
  4. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社
  5. 新宿・歌舞伎町のビルで発砲 男性が死亡 容疑者は逃走

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです