連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

時代がにおう昭和の声 エッセイスト・永瀬嘉平さんの耳に今も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「意外におとなしい人だった」と永瀬さんが語る芸術家、岡本太郎さん=1968年4月14日撮影
「意外におとなしい人だった」と永瀬さんが語る芸術家、岡本太郎さん=1968年4月14日撮影

万博?必要なかったね 岡本太郎さん

情報社会になるにつれ、多忙と過労に追い回されていく 中西悟堂さん

駿馬が駄馬と一緒にいると、駄馬になる。政治の世界にいるとよくわかる 加藤シヅエさん

 昭和は遠くなりにけり……。元号が変わる今年、戦後のあの空気がなんだか懐かしい。日本全国の滝や樹木の写真集を発表してきたエッセイスト、永瀬嘉平(かへい)さん(78)の耳には長く交流した「昭和の偉人たち」の肉声が響いている。その言葉から浮かび上がる時代のにおいを紹介したい。【藤原章生】

 永瀬さんは昭和の頃、雑誌「カメラ毎日」の編集次長や「毎日グラフ」「サンデー毎日」の編集者として各界の傑物をインタビューした。持ち前の好奇心、人なつっこさが気に入られたのか、取材を機に親しくなった人も少なくない。作家や学者の言葉は今も活字で読めるが、親しいからこそ聞ける偉人たちの本音、何気ない一言が永瀬さんの中では妙に生々しい。

この記事は有料記事です。

残り3022文字(全文3419文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集