メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

俳優・長塚京三さん 常に先のことを考え「次は何?何でも来い」

体力、回復力には自信あり。「熱を出しても一晩で治ります」=東京都目黒区で、内藤絵美撮影

 待ち合わせの喫茶店に現れたその人は、こちらが描いていたイメージよりずっと背が高かった。身長は181センチ。店内にはジャズが流れ、年代物のラジオがディスプレーされている。プライベートでもよく利用するお気に入りの場所だ。「レコードの選曲が好みなんです」

 音楽ではシャンソンが好きだ。「言ってましたっけ? そんなこと」。そう話しながら照れ笑いを浮かべる。中でも1930~40年代の古いシャンソンがお気に入り。「シャルル・トレネとかジョルジュ・ゲタリーとか。シャンソンって、フランス革命当時から、貧しい民衆たちの間で、ゲリラ的にアンダーグラウンドっぽく歌われていたでしょ。『さくらんぼの実る頃』とか。そういうシャンソンの原風景みたいなのが好きですね」

 レコードを買い集めるわけでなく、マニアというわけでもない。「この曲をリアルタイムで聴きながら、生き…

この記事は有料記事です。

残り1270文字(全文1642文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 川崎中1殺害 「暴行中に殺意」リーダー格の19歳少年
  4. リュックの男ためらいなく スリランカ同時テロ現場ルポ 綿密に計画か
  5. スリランカ連続爆破テロ ISに呼応か 実行組織のハシュミ指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです