メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シネマの週末・この1本

喜望峰の風に乗せて 頭から離れぬダメ男

 英国では有名な人なのだろうか。1968年、世界一周ヨットレースに出場し、世間を騒がせたドナルド・クローハーストの実話を映画化した。厳しく言えば、弱い、だめな男の話である。とても「感動作」なんて呼べない。しかし見終わった後も、不思議とこの男が頭から離れない。

 英国の港町で船舶用機器を販売する経営者、クローハースト(コリン・ファース)は、休日にヨット遊びを楽しむ程度の素人セーラー。にもかかわらず、単独無寄港世界一周レースへの出場を決める。自社製品を使って完走し、経営の行き詰まりを打開しようと考えたのだ。無謀な計画に妻は反対するが、世間は「素人の果敢な挑戦」と好意的でマスコミも彼を持ち上げる。スポンサーも現れるが、経験不足で船の建造が遅れ、計画していた出航時期は夏から秋にずれ込む。

 出航前夜、一度は「やめよう」と決めながら、スポンサーに発破をかけられ翻意する場面は見ていられない。…

この記事は有料記事です。

残り928文字(全文1321文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 直立したマウンテンゴリラが飼育員の自撮りに納まる、コンゴで
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 東京・池袋の暴走 「さん」付け/元院長/匿名… 新聞社、呼称対応分かれ
  5. 選管職員の死亡者が250人超に インドネシア大統領選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです