メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 自国のファシズムから逃れてきたドイツ人のゲオルクは、パリで亡命作家ヴァイデルへの手紙を託される。作家はホテルで自殺。彼は遺品を持ってマルセイユに向かう。遺品にはメキシコ領事館からの招待状とヴァイデルの妻からの手紙があった。領事館は彼をヴァイデルと勘違いしビザと乗船券を支給。ゲオルクは作家になりすますが、街で黒いコートの女に出くわす。

 野心作である。ナショナリズムが台頭し難民問題にゆれる世界の今を切りとった。ドラマの根底には逃亡と不…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです