メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

空手

東京五輪「金」候補、清水希容 越えるべきを越えていく 世界選手権の黒星、心鍛える糧に

東京五輪での金メダルに向けて練習に励む空手の清水希容=大阪府八尾市で、小出洋平撮影

 2020年東京五輪に追加競技で初採用された日本発祥の空手。演武の出来栄えを競う「形」の女子で、大阪府出身の清水希容(25)=ミキハウス=は金メダルの最有力候補だ。しかし、空手界で五輪を経験した選手はなく、清水も金メダル候補としての大きな重圧を受けながら、「道なき道」を歩んできた。14、16年世界選手権女王に、来年に迫った東京五輪への思いなどを聞いた。【新井隆一】

 「悔しい思いがすごく多かった。学ぶことが多くて、成長させてもらった1年だった」。清水は昨年をこう振…

この記事は有料記事です。

残り1258文字(全文1491文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  3. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです