メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

太宰治

おい思う献辞本 「晩年」初版本に記載、青森で初公開 14日まで 「弟のように接してた」逸話証明 /青森

 文豪・太宰治(1909~48年)が、おいの津島逸朗氏に宛てた献辞(メッセージ)入りの創作集「晩年」(砂子屋書房)の初版本が、青森市の県近代文学館で開催中の企画展「太宰治没後70年~秘蔵資料大公開」で初公開されている。14日まで。【北山夏帆】

 保管していたのは逸朗氏の妹で青森市在住の阿部みつよさん(98)。約500部発行された初版本の1冊に太宰がメッセージを書いて贈ったとみられ、兄の形見として自宅の本棚で大切に保管していたという。

 太宰治記念館「斜陽館」(五所川原市金木町)によると、逸朗さんは1913年、太宰の姉・トシさんの長男…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文901文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです