メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「てがみ」展

柔道家・嘉納治五郎の未公開書簡 手賀沼を安美湖と呼称 我孫子で16日から /千葉

 我孫子市ゆかりの柔道家で、アジア人初の国際オリンピック委員会(IOC)委員を務めた嘉納治五郎(1860~1938年)の未公開の直筆書簡などを展示する「てがみ展~我孫子に集った人々」が16日から同市緑2の市杉村楚人冠記念館で開かれる。3月10日まで。

 展示会では、同市で暮らしたジャーナリストの杉村楚人冠(そじんかん)(1872~1945年)に学者や事業家らが送った書簡やはがきを通して、我孫子に魅せられた人々を紹介する。計15点の展示中、我孫子に別荘を構えていた嘉納の書簡は4通あり、うち、2通は未公開。嘉納の別荘があった通称、天神山の高台から見た手賀沼の風景の絵はがきを楚人冠に注文する1914(大正3)年2…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです