メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 国立新美術館(東京都港区) 開かれた施設、公募展も /東京

 乃木坂駅を出て、六本木方面に歩く。木々を配した一角に、ガラス張りの建物が現れる。正面や横、どの角度から見てもウネウネと波立った形をしている。建築家、黒川紀章(くろかわきしょう)(1934~2007年)が生前、美術館として最後に完成した建物だ。より多くの光を取り入れ「開かれた美術館」にしている。

 1970年代後半から、公募展が開催できる国立美術館開設の動きが起こり、07年に開館。公募展用の展示導線や審査室などを設けている。現在は75ほどの団体が約2週間ごとに公募展を開催している。

 館内は1~3階まで展示室があり、展示スペースは計1万4000平方メートルと国内最大級だ。2階の企画…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文824文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」
  5. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです