人形展

野山に遊ぶ子ら、笑顔届ける100体 岡本さん、大和郡山で /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
岡本道康さんと制作した人形=奈良県大和郡山市洞泉寺町の町屋物語館で、大笹久光撮影
岡本道康さんと制作した人形=奈良県大和郡山市洞泉寺町の町屋物語館で、大笹久光撮影

 大和郡山市洞泉寺町の町家物語館で、「森と共に生きる豊かな未来」をモチーフに創作活動を続けている香芝市の人形作家、岡本道康さん(49)の作品展が開かれている。農村に暮らす老夫婦や作業着姿の職人、野山に遊ぶ子供など、その表情と姿から昭和の懐かしさを感じさせる人形約100体が並ぶ。14日まで。

 人形は木粉粘土や、吉野割箸の製造工程で…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文287文字)

あわせて読みたい

注目の特集