メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人形展

野山に遊ぶ子ら、笑顔届ける100体 岡本さん、大和郡山で /奈良

岡本道康さんと制作した人形=奈良県大和郡山市洞泉寺町の町屋物語館で、大笹久光撮影

 大和郡山市洞泉寺町の町家物語館で、「森と共に生きる豊かな未来」をモチーフに創作活動を続けている香芝市の人形作家、岡本道康さん(49)の作品展が開かれている。農村に暮らす老夫婦や作業着姿の職人、野山に遊ぶ子供など、その表情と姿から昭和の懐かしさを感じさせる人形約100体が並ぶ。14日まで。

 人形は木粉粘土や、吉野割箸の製造工程で…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文287文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  2. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  3. 困窮の末、57歳母と24歳長男死亡 ガス・水道止まり食料もなく 大阪・八尾の集合住宅

  4. 東証、一時1000円超安 新型コロナ感染拡大懸念で

  5. 東京ディズニーランドとディズニーシー休園へ 29日から3月15日まで臨時休園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです