メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競技用けん玉

世界相手に製作 鳥取の木工会社が奮闘 観賞用→競技用へ挑戦 /鳥取

 シンプルな形とすっきりとした色遣いが目を引く。約5年前にけん玉製作を始めた鳥取市の木工会社「米村木工」の競技用けん玉は、誰もが使いやすいよう設計されたこだわりの品だ。売れ行きは好調で、米国の会社とコラボするなど世界を相手に挑戦を続けている。

 米村木工は1930年創業で、従業員は約30人。82年に泊村(現湯梨浜町)でグラウンドゴルフが誕生して以降、クラブをメーカーから受注し生産している。けん玉に着目したのは、標準的な玉の大きさが直径6センチのグラウンドゴルフのボールと同じと知ったのがきっかけだった。

 当初は、金魚や花の和柄を細かく彫って鮮やかに彩色した、伝統工芸品のような観賞用けん玉一筋だった。出…

この記事は有料記事です。

残り478文字(全文780文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです