メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

虹架かる

豪雨からの復興/8止 倉敷・真備 井原鉄道、新学期再開を実現 /岡山

2019年7月8日の吉備真備駅周辺の様子。高架下の機器室(右奥)は一時、屋根の上まで水につかった=井原鉄道提供

 11日に開業20周年を迎える第三セクター・井原鉄道(井原市)の井原線。総社市から倉敷市真備町地区を通り、広島県福山市まで続く総延長約42キロの道のりは、8割以上が高架または盛り土の上だ。

 真備町地区には川辺宿、吉備真備、備中呉妹の3駅があり、どれも地上から高さ5メートル以上にある。エレベーターなどはなく、「高齢者には使いづらい」とも言われるが、昨年7月の西日本豪雨では、この高さが水害から線路を守った。しかし、吉備真備駅の高架下に設置された信号機などの機器室は完全に水没した。この場所で制御していた総社-三谷(矢掛町)間(約15キロ)は被災から2カ月近く運行できなかった。

 井原鉄道によると、鉄道の信号関係機器の部品は特殊で、メーカーに発注後、製造されることが多い。交換す…

この記事は有料記事です。

残り642文字(全文980文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  2. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 漫画家の吾妻ひでおさん死去 69歳 「ふたりと5人」「失踪日記」

  5. 首相、1日で要人23人と「マラソン会談」 即位の礼「祝賀外交」始まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです