メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

里海とわたし

/8止 県立広島大大学院教授・百武ひろ子さん(51) 「合意形成」で課題解決 /広島

「恵み豊かな里海を官民一体となって作り上げたい」と語る百武ひろ子さん。研究室には、瀬戸内海の大きな地図が貼り出されている=広島市南区宇品東1の県立広島大学大学院で、元田禎撮影

 官民で作る「広島湾さとうみ創生コミュニティ」は昨年11月、南区の広島港で「秋のミーティング&マルシェ」を開いた。トークセッションのコーディネーターを務めた県立広島大大学院経営管理研究科の百武ひろ子教授(51)は「異なる思いが一つになってこそ物事は前に進み、価値も厚みを増す。海を守るため、新たな価値を生み出す合意形成のお手伝いができれば」と笑顔を見せる。

 専門分野は「社会的合意形成」や「まちづくり」で、早稲田大で授業を担当していたが、2016年4月、県…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  3. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  4. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  5. 職員2700人、給与額流出 ほぼ全員分、住所や学歴情報も 青森・弘前市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです