メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阿波踊り

今夏の総踊り再開、条件付き合意 振興協、実行委と /徳島

会合で協議する阿波おどり振興協会の山田実理事長(左奥)と実行委員会の遠藤彰良徳島市長(手前右)ら=同市役所で、大坂和也撮影

 赤字や演出を巡る対立で混乱した徳島市の阿波踊りで、人気の演出「総踊り」中止に反発し昨夏に強行開催した有力踊り手団体「阿波おどり振興協会」は10日、主催者の実行委員会(委員長・遠藤彰良市長)の会合に出席し、今夏の阿波踊りでの総踊り再開などを「条件が整備されれば受ける」(山田実理事長)と大筋で合意した。実行委の諮問機関、運営協議会への参加も了承した。昨年発足した新たな実行委と振興協会が直接協議するのは初めて。

 会合で、遠藤市長は振興協会に対し、披露する演舞場を日替わりで切り替えての総踊り実施や、昨年は実行委が依頼しなかった前夜祭への出演などを依頼。山田理事長は協力する姿勢を見せた一方で「(これまでの経緯の)検証なしで建設的な話ができるのか」とただしたり、昨年の収支などを追及したりする場面もあった。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文585文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. フォーカス 香取慎吾 ドラマ「アノニマス~警視庁“指殺人”対策室~」万丞渉役 SNSとの距離考え

  4. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです