メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

V長崎新拠点 新工業団地で整備要望 高田社長が大村市長に /長崎

 V・ファーレン長崎の新練習拠点を巡り、親会社「ジャパネットホールディングス」(佐世保市)の高田旭人社長は10日、誘致を表明した大村市を訪ね、園田裕史市長と初めて具体的な協議に入った。高田社長は、市が候補地として挙げた市総合運動公園ではなく、同市雄ケ原町に造成中の新工業団地での整備を要望した。

 練習拠点は10ヘクタールの敷地に練習場5面や選手寮や交流施設を備える計画。県内自治体…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警視庁 留置されている男が感染 新型コロナ

  2. 和太鼓演奏グループ「DRUM TAO」メンバー感染 クラスター発生か

  3. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  4. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

  5. 「歌舞伎町のホスト、名古屋への出張営業」 情報拡散 店が愛知県知事に釈明し謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです