特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

論点

民主主義の行方 インタビュー ノーム・チョムスキー アリゾナ大教授(言語学)

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ノーム・チョムスキー氏=米西部アリゾナ州トゥーソンのアリゾナ大で2018年10月16日
ノーム・チョムスキー氏=米西部アリゾナ州トゥーソンのアリゾナ大で2018年10月16日

 トランプ米大統領の下、社会の分断が深まった米国。他国でもポピュリスト的な政治家が台頭し、「民主主義の弱体化」が指摘されている。この潮流は歴史の必然で、既存の国際秩序は存在意義を失いつつあるのか。米国の左派思想家ノーム・チョムスキー氏(90)に聞いた。【聞き手・國枝すみれ】

格差進み中道衰退 社会の病理表面化

--トランプ大統領を嫌う穏健保守派は共和党から離れ、急進的なリベラル派の一部は民主党を見捨てました。妥協を通じて民意を形成する余地は米社会にあるでしょうか。

 妥協できる点はかなりあると思う。重要な社会、経済政策に関して米国民の考えはさほど変わらない。大多数の国民は富裕層への課税率引き上げを望み、国民皆保険や実質賃金引き上げを支持している。だが、こうした経済・社会政策は公の場ではあまり論議されない。米社会の分断が深まっているのは、(妊娠中絶や人種差別など)文化やアイデンティティーの問題を巡る分野だ。

この記事は有料記事です。

残り3359文字(全文3764文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集