メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

動くか日露

識者の見方/5 共同経済活動で解決 元ロシア外務次官 アレクサンドル・ロシュコフ氏

 私はイルクーツク首脳会談(2001年)をはじめとして、長く平和条約問題に携わってきた。交渉の過程で希望を抱くことも少なくなかったが、その度に砕かれてきた。この時の会談で「2プラス2」(並行協議)が提案されながらも実現しなかったのは、機が熟していなかったことに尽きる。

 日本側は1956年宣言(日ソ共同宣言)に明記された歯舞群島と色丹島の引き渡し以外に、プラスの部分も取り上げてきた。もしこの方式で話し合うのならば、我々としてはプラスが何であるのかを解明する必要があったと思う。

 一般的に交渉に臨む国々が合意に達する時には、双方が相手に対する好意的な姿勢を取っているものだ。また…

この記事は有料記事です。

残り781文字(全文1070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです