メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

私物化される「幽霊消防団員」報酬 体質改善し人材確保を=高橋祐貴(岡山支局)

消防団の活動をしなくなった後も、岡山市から報酬が振り込まれた男性の口座。入金の度、分団の口座に振り替えられていた=岡山市北区で2018年12月1日、高橋祐貴撮影

 地域の消防救助活動に携わる消防団が、実際には活動していない団員の名前を使って、自治体から報酬を受け取り、自分たちの飲食代などに使う--。こうした「幽霊消防団員」を悪用している実態について私は昨年5月以降、繰り返し報じてきた。背景に見えてきたのは、報酬を私物化する消防団の「体質」だ。問題を放置すれば、この体質を嫌って、ただでさえ団員の減少が深刻化している消防団への参加者は減り、人材不足に拍車が掛かるだろう。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2008文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです