メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中朝首脳会談

米朝会談へ連携確認 米は「成果」狙い前向き

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は中国の習近平共産党総書記(国家主席)との首脳会談を通じ、2回目の米朝首脳会談に向けた「中国の後ろ盾」を確認した。米国側も中朝両首脳が「非核化の立場を堅持」の姿勢を示したことで会談の前提条件が整ったと判断しているもようで、米朝会談に向けた事前調整のための高官級協議が早期に開かれるかが焦点だ。

この記事は有料記事です。

残り1267文字(全文1439文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 男逃走
  2. 東京・赤坂の飲食店員暴行「半グレ」上役か 容疑の男を逮捕
  3. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  4. これが本当なら「現代の特高」…前川元次官が語る告発ノベル「官邸ポリス」のリアル
  5. 日本はデフレ 消費増税凍結しなければ危機

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです