メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

英国

EU離脱案、メイ首相に難題 下院「否決なら3日内に新方針」

 【ロンドン矢野純一】英下院は9日、欧州連合(EU)からの離脱合意案を巡る審議を再開し、合意案が否決された場合、議会開会日で「3日以内」に新たな方針を提示するよう政府に求める動議を賛成多数で可決した。動議に法的拘束力はないが、規定の「21日以内」から大幅な短縮を求める内容で、メイ首相の「時間稼ぎ」を封じる狙いがある。

 メイ首相は15日に合意案の採決を行う予定で、否決されても規定に従えば2月中旬まで態度を保留できる状態だった。3月末の離脱が迫る中、2月に再度、合意案の採決を行えば、「合意なき離脱」の混乱を懸念する議員が態度を変えて賛成に転じると見込んでいたとされる。

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文513文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  2. 法務省「黒川氏の退職、捜査に支障ない」 定年で「重大な障害」だったのでは?

  3. コロナ鎮めて! 群馬・「妖怪」だるま

  4. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

  5. 「民度が違う」発言で麻生氏がさらした決定的な事実誤認とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです