メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第77期名人戦A級順位戦 豊島将之王位-三浦弘行九段 第29局の2

手得を重ねる

 図は豊島が玉を寄った局面。[後]2七角や[後]9五角を避けつつ、玉型を整える。三浦も飛車を転換し、相横歩取りから一見相振り飛車のような将棋に進んだ。

 [先]2七歩のタイミングは本譜が最善。一手遅れると先に[後]8三歩を突かれる。先手の飛車が8四から移動すると、次に[先]2七歩としても[後]2四飛と好位置に引かれる。本譜の通り一度[後]2二飛と引かせると、[後]2四飛と出るのにまた一手かかるため先手の手得になっている。序盤から細かい得を重ねて指す。本局における豊島のテーマだ。

 三浦は端を詰めるが、豊島は構わず中央を盛り上げる。厚くすることで手得を生かした戦いになる。それに[…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米子東の選手がベンチ入りせず
  2. 空き家や空き店舗を「学生寮」に 山形市、街の活性化へ
  3. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  4. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査
  5. 山梨学院VS札幌第一 強力打線同士で打撃戦か センバツ第3日の見どころ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです