メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

緊急避妊、処方箋の「壁」 「市販を」学生ら署名活動 海外では無料も

福田和子さん

 <access>

 望まぬ妊娠を避けるために緊急避妊薬(アフターピル)を医師の処方箋なしで買えないのはおかしい--と女性たちが訴えている。どんな薬で、現状はどうなっているのか。【中川聡子】

 緊急避妊薬は、女性が性交後72時間以内に1錠服用すると排卵が抑制される。日本では2011年に承認(販売名「ノルレボ」)。日本家族計画協会理事長の北村邦夫医師によると服用で1回の性交による妊娠率は0・7%だ(健康な男女の妊娠率は通常、20代で20~25%)。副作用はまれで身体に影響がなく、服用後に妊娠が判明しても胎児に影響がない。服用後の性交には妊娠のリスクがある。

 性交から服用まで時間が空くほど有効性が落ちるため極力早く服用する必要がある。多くの国では薬局で簡単…

この記事は有料記事です。

残り799文字(全文1127文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 暴行容疑 「ごみ屋敷」片付け女性に激高 61歳住人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです