メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アクセス

緊急避妊、処方箋の「壁」 「市販を」学生ら署名活動 海外では無料も

福田和子さん

 <access>

 望まぬ妊娠を避けるために緊急避妊薬(アフターピル)を医師の処方箋なしで買えないのはおかしい--と女性たちが訴えている。どんな薬で、現状はどうなっているのか。【中川聡子】

 緊急避妊薬は、女性が性交後72時間以内に1錠服用すると排卵が抑制される。日本では2011年に承認(販売名「ノルレボ」)。日本家族計画協会理事長の北村邦夫医師によると服用で1回の性交による妊娠率は0・7%だ(健康な男女の妊娠率は通常、20代で20~25%)。副作用はまれで身体に影響がなく、服用後に妊娠が判明しても胎児に影響がない。服用後の性交には妊娠のリスクがある。

 性交から服用まで時間が空くほど有効性が落ちるため極力早く服用する必要がある。多くの国では薬局で簡単に手に入るが、日本では医師の処方箋がないと買えない。望まぬ性交渉があれば直ちに服用しなければならないが、婦人科が休診だったり病院が遠かったりして入手が困難な場合も想定される。1錠約1万円と値段も高い。

この記事は有料記事です。

残り699文字(全文1127文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

  3. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  4. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  5. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです