メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

吉田さん引退会見 「霊長類最強女子」レスリングは人生 東京へ「バトンタッチ」

現役引退の記者会見するレスリング女子の吉田沙保里さん=宮間俊樹撮影

 日本女子レスリング界をけん引してきた吉田沙保里さん(36)=至学館大職=が10日、東京都内で現役引退の記者会見を開いた。会場にはテレビカメラ28台、約200人の報道陣が詰めかけた。吉田さんは一礼した後、「33年間のレスリング生活に区切りをつけることを決断しました」と切り出した。どこか解放感のある表情からは、背負ってきたものの大きさが感じられた。【高橋秀明、松本晃】

 現役続行と引退の間で「迷いながらここまできた」という。2004年アテネ、08年北京、12年ロンドン五輪で3大会連続の金メダルを獲得したが、16年リオデジャネイロ五輪では銀メダル。自国で開催される20年東京五輪で再び女王に返り咲いてほしいという周囲の期待を感じていた。「体力的にはそんなに落ちた感じはなかった」というが、それでも「気持ちが追いつかない状態で、全てやり尽くしたという思いが強くなった」と…

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文1078文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

  5. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです