京王観光

団体旅行切符、不正10年間 JR、賠償請求検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 京王電鉄子会社「京王観光」が、JRを利用する団体旅行客の切符の発券を実際の客数より少なくしてJRに過少に料金を支払っていた。同様の不正は約10年前から続いていたことが、観光庁への取材で明らかになった。観光庁は、同社に詳細な情報の提示を求めるなど、事実関係の確認を始めた。

 京王観光などによると、不正が判明したのは、大阪市内の2支店(現在は1支店に統合)。…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文447文字)

あわせて読みたい

注目の特集