メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第3部 変化/9止(その2止) 現実・創作、境界薄れ ネット時代、漫画に反映

自宅で原稿を書く漫画原作者の樹林伸さん=東京都武蔵野市で、梅村直承撮影

 

 「何かの撮影だろうか」

 2001年9月11日。漫画原作者の樹林伸さん(56)は東京都内の自宅でテレビをつけた瞬間、米ニューヨークの世界貿易センタービルに旅客機が衝突する映像を見てすぐには「現実」と理解できなかった。少数のテロリストにより世界最大国家の中枢が相次いで攻撃される--。漫画で描いても荒唐無稽(むけい)と言われそうな事件だった。

 樹林さんは1987年から99年の独立まで「週刊少年マガジン」の編集者だったが、当時から事実上の原作…

この記事は有料記事です。

残り1582文字(全文1804文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです