メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

「あの日」に思いはせ 六甲山系に電飾

六甲山系・堂徳山に浮かび上がった「KOBE 1.17」の文字=神戸市中央区で2019年1月10日午後5時41分、山田尚弘撮影

 阪神大震災から24年を前に、神戸市は10日夕、六甲山系・堂徳山(標高337メートル)の電飾を「KOBE 1・17」の文字に切り替えた。17日まで。文字は縦12・7メートル、横20メートルで42個の発光ダイオード(LED)電球を使用。山肌に文字が浮かび上がると、市民らは「あの日」に思いをはせた。

 普段は江戸時代の北前船の図柄などを点灯…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 岩手県で初の死者確認 全国の感染者は13万5430人に 新型コロナ

  3. 「激励」より一歩踏み込む 世代交代にらみ「壁なって」 横審、両横綱に「注意」

  4. ENEOS投打かみ合う 藤井がロングリリーフ 東邦ガスは好守に阻まれ 都市対抗

  5. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです