メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
阪神大震災

「あの日」に思いはせ 六甲山系に電飾

六甲山系・堂徳山に浮かび上がった「KOBE 1.17」の文字=神戸市中央区で2019年1月10日午後5時41分、山田尚弘撮影

 阪神大震災から24年を前に、神戸市は10日夕、六甲山系・堂徳山(標高337メートル)の電飾を「KOBE 1・17」の文字に切り替えた。17日まで。文字は縦12・7メートル、横20メートルで42個の発光ダイオード(LED)電球を使用。山肌に文字が浮かび上がると、市民らは「あの日」に思いをはせた。

 普段は江戸時代の北前船の図柄などを点灯…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです