メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仙道敦子

山田裕貴と「イノセンス」にゲスト出演 次期朝ドラ「なつぞら」に続き親子役で

連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の第2話にゲスト出演する山田裕貴さん(左)と仙道敦子さん=日本テレビ提供

 女優の仙道敦子さんと俳優の山田裕貴さんが、坂口健太郎さん主演の連続ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」(日本テレビ系、土曜午後10時)の第2話(26日放送)に親子役でゲスト出演することが12日、分かった。仙道さんと山田さんは、広瀬すずさん主演の2019年度前期のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「なつぞら」にも親子役で出演することが発表されており、仙道さんは「今回は息子役で山田裕貴くんが一緒で偶然にも親子が続き、もはや本当の息子に思えてきております」とコメントを寄せている。

 ドラマは、連続ドラマ「ガリレオ」(フジテレビ系)、「S -最後の警官-」(TBS系)、「ハゲタカ」(テレビ朝日系)などの古家和尚さんが脚本を担当する本格弁護士作品。有罪率ほぼ100%という日本の裁判で、「冤罪」を晴らすという“奇跡”を起こすため、執念と情熱、そして「科学」を武器に、主人公の弁護士・黒川拓(坂口さん)が逆転劇に挑む。川口春奈さん、藤木直人さんも出演する。第2話では、山田さんがある罪を着せられた息子、仙道さんがその息子を女手一つで育てた母親をそれぞれ演じる。

 「イノセンス 冤罪弁護士」は、19日から毎週土曜午後10時に放送。初回は15分拡大版。

 仙道さん、山田さんのコメントは以下の通り(原文のまま)。

仙道さんのコメント

 現場では主演の坂口さん、川口さんをはじめ監督スタッフさんからの熱気が溢れており短い時間でしたが、非常に濃い時間を経験しました。今回は息子役で山田裕貴くんが一緒で偶然にも親子が続き、もはや本当の息子に思えてきております(笑い)。そしてもう一つ。撮影中に(吉田)栄作君(第1話にゲスト出演)のお名前をお聞きした時は驚きと懐かしさであの頃の記憶がよみがえってきました。時の流れを感じると共にたくさんのご縁に溢れたお仕事でした。

山田さんのコメント

 同世代として、坂口健太郎くんとご一緒出来てうれしかったです。短い期間でしたが、役に向き合える温かい現場でした。やったとかやってないとか人に信じてもらうということは、非常に難しいことだと思います。「冤罪」は本当に世界で起きていると思うと、冤罪にかけられた役をやった身としてつらいし、悔しさがあります。視聴者の皆様にも苦しんでいる人たちがいることを少しでも知っていただけるとうれしいです。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  2. 官邸・与党「ちぐはぐさ」露呈…補選2敗 安倍政権、影響抑えに躍起
  3. 神戸市交通局「心からおわび」 逮捕の運転手、朝のアルコール検査で異常なく 神戸・バス事故
  4. 神戸で市バス、多数はねる 男性1人死亡、女性2人心肺停止 64歳運転手逮捕
  5. スリランカ爆発 容疑者7人を逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです