メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スキャンダル専門弁護士 QUEEN

竹内結子&水川あさみハグシーンに視聴者「眼福」 斉藤由貴の演技に絶賛も

連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」に出演している(左から)斉藤由貴さん、水川あさみさん、竹内結子さん、中川大志さん、バカリズムさん

 女優の竹内結子さん主演の連続ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(フジテレビ系、木曜午後10時)の第1話が10日に放送された。ドラマの中盤で、竹内さん扮(ふん)する弁護士・氷見江(ひみ・こう)と、水川あさみさん演じる氷見の“右腕”の弁護士・与田知恵がハグをするシーンが登場すると、SNSでは「美しすぎる!」「眼福」「最強コンビ」などという声が並び、盛り上がりを見せた。

 また、中川大志さん演じる弁護士・藤枝修二の“ドジっ子”ぶりには「ドジすぎる」「イケメンなのに…」などという声が上がり、斉藤由貴さん演じる事務員・真野聖子には「良いキャラしてる」「ぼそっと(せりふを吐く)感がすごくすてき」など、絶賛するコメントが並んだ。

 同作は、氷見らが務める事務所の副所長・鈴木太郎役のバカリズムさんが登場人物たちのキャラクター監修を務めている。SNSには「さすがのプロデュース力」「キャラが立ちすぎていて面白い」といった感想もあった。

 ドラマは、情報を操作し、裏で社会を動かす“スピンドクター”を題材にしたオリジナルストーリー。スキャンダルやトラブルといった危機管理が専門の弁護士・氷見江ら鈴木法律事務所のメンバーが、社会的窮地に立つ依頼者を救うべく奔走する姿を描いている。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 競泳・萩野公介、スペインでの高地合宿参加取りやめ
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  4. VOICES 「知らされずに除染従事」 ベトナム人技能実習生、失意の帰国
  5. 人生相談 仕事で心配りできない人=回答者・光浦靖子

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです