メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNavi

今年ヒット間違いなしの「グルメ」はコレだ!! 2019年の“当確”7大フードトレンド(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

2018年の食トレンドは、サバ缶や乳酸菌入り食品など、「健康」がキーワードでしたが、その流れは2019年も続く模様。一方で、「お手軽」がキーワードの飲食店も急増中です。2019年、ヒット間違いなしのフードトレンドを取り上げました。

 

【その①】

ステーキを手軽に食べられる新形態ステーキ店が登場!

「ファストステーキ」

「おしゃれ、おいしい、リーズナブル」の三拍子が揃い利用しやすくなることで、ステーキがサク飯の候補のひとつに。渋谷という人気エリアに出店していることもヒットの理由です。

 

スタイリッシュな空間でステーキをお手ごろ価格で楽しむ

MANDYS CUBE STEAK

しゃれた空間で、絶品ステーキをスピーディかつ安価で提供。サイズやソースなどが豊富なことも特徴です。メインメニューには「リブキューブ」「赤身キューブ」「ビステッカ」のステーキ3種とハンバーグがあります。上の写真は「リブキューブステーキ(626円〜)」。

住所:東京都渋谷区宇田川町34-6 M&1ビル1階、営業時間:11:00〜15:30、17:00〜22:30、定休日:不定休

↑キューブステーキを食べた後、同じスキレットでリゾットを楽しむ「バリューセットA(左/1382円)」もあります。「ビステッカ(右)」は140g(788円)から

 

そのほか、2018年末、ヘルシーでおしゃれな中華をテイクアウトできるファストフード中華店「チプーン」や、世界一のシェフ監修のパスタを3分で提供する「PULS」など、ハンバーガーや牛丼などに次ぐ新たな料理のファストフード店が増えました。

 

超人気シェフが監修した健康的でおしゃれな中華

チプーン

銀座の人気中華店「レンゲ エキュリオシティ」の西岡英俊シェフが監修。化学調味料不使用の健康的なメニューには「ヴィーガンヌードル(648円)」などがあり、全品テイクアウト可能です。ピンク色が基調の空間美も魅力。

住所:東京都渋谷区神宮前1-11-6 ラフォーレ原宿2階 GOOD MEAL MARKET、営業時間:11:00〜21:00、営業日:ラフォーレ原宿の休館日に準ずる

 

世界一のシェフ監修の絶品パスタを3分で高速提供

PULS

パスタ世界大会で優勝経験を持つ、山田剛嗣シェフがメニューをプロデュース。パスタは麺を下茹でして急速冷蔵する独自の調理法により、約3分で提供し、メニューは花椒が隠し味の「香港スタイルのアラビアータ(810円〜)」などがあります。

住所:東京都渋谷区恵比寿南1-11-13  恵比寿ヴェルソービル 1F、営業時間:10:00〜22:00、休業日:なし

 

 

【その②】

添加物&グルテンフリー! 米と水だけでできた新食材

「ライスジュレ」

ライスジュレとは、米と水でできた新食材。保水性があり小麦粉(グルテン)や添加物の代替え食材として注目を集めています。食感改善等に採用するメーカーも増えており、スポーツ分野での採用も決定しています。

 

大阪のお好み焼き特有のふわとろ食感を実現

千房

豚玉 新味〜グルテンフリーお好み焼き〜

1180円

お好み焼きチェーン店「千房」で提供するお好み焼き。小麦粉の代わりにライスジュレを国産米粉とブレンドして使用。米粉だけでは難しい大阪のお好み焼き独特の“ふわとろ”食感を実現しています。

 

しっとりとした口どけの新食感の焼き菓子が誕生

石屋製菓

Sitoli GATEAU

1944円(6個入り

バターとホワイトチョコレートを練りこんだ小麦粉の生地に「ライスジュレ」を使用。北海道産の生乳から作られたチーズパウダーが隠し味です。しっとり、口どけのいい新食感が特徴。

 

添加物不使用なのに賞味期限が3か月も!

ヤンマー

グルテンフリー

お米でできたフィナンシェ

3240円

パティシエの所 浩史氏とコラボして作った焼き菓子。ライスジュレを使うことでしっとり感が持続し、添加物なしでも約3か月の賞味期限を実現。しっとりもちもちの食感なのに口どけが良いです。

 

ライスジュレ単体の購入も可能!

「ライスジュレ」を販売するのは、実は農業機械などで知られるヤンマー。同社が運営するオンラインショップ「プレミアムマルシェ.com」では300g(540円)から購入ができます。

 

 

【その③】

赤・白・ロゼにつぐ第4のワイン

「オレンジワイン」

一般的に白ワインは白ぶどうを搾った果汁のみを使い醸造しますが、皮や種ごと醸して造るのがオレンジワインです。斬新な色や、料理に合わせやすい味で注目が集まり、拡大必至。2018年ですでに前年比約1.8倍の伸びを見せています(※)。

※:メルシャン商品の実績

 

りんごや野ばらを思わせる甘美でふくよかな味わい

メルシャン

笛吹甲州 グリ・ド・グリ2017

実売価格2380円

ほのかに赤く鮮やかなオレンジ色のワイン。りんごのコンポートのような甘美でふくよかな味わい、そして野ばらを思わせるやさしい香りが全体を包み込みます。甘めの調味料を用いた料理や、苦味のある山菜料理と好相性。

 

 

【その④】

ラーメン1食で1日に必要な栄養素の3分の1が摂れる!

「ギルトフリーラーメン」

世の中では時短が礼賛される一方で、食に栄養価が求められているのも事実。その両方を実現できるのが本商品です。栄養の偏りを指摘されがちなラーメンを罪悪感なく食べられるとして話題沸騰中!

 

1日に必要な栄養素の3分の1が摂れるラーメン

ベースフード

完全食 BASE RAMEN

お試しセット

980円(2食セット)

糖質を抑えながら、1食で1日に必要な栄養素の3分の1を摂ることができる完全栄養食のラーメン。調理時間は約1分。人気店監修の煮干しスープと、独自の豚骨醤油スープが付きます。

↑ラーメン凪監修・すごい煮干しスープ

 

↑こってり濃厚 豚骨醤油スープ

 

 

【その⑤】

2018年夏のスイカドリンクブームの次はコレ!

「バナナドリンク」

夏に美容に良いとスイカジュースが流行りましたが、次にくるのはバナナだと言われています。食物繊維が豊富で栄養価が高いうえ、身近な食材だからなじみ深く取り入れやすいです。

 

ゴクゴクと手軽に飲めるフレーバーウォーター

ナチュラルローソン

バナナウォーター

162円

ビタミンやミネラルなどの栄養素が豊富なバナナの透明果汁を使用し、スッキリとした飲みやすい香料不使用のニアウォーターとして新開発。350㎖のペットボトルで、手軽にゴクゴクと楽しめます。

 

より低糖質で整腸に期待できるバナナを使用

ナチュラルローソン

グリーン バナナミックススムージー

189円

バナナより低糖質で、腸内環境を整える成分、「レジスタントでんぷん」を多く含む話題の素材、グリーンバナナパウダーをブレンド。砂糖不使用で爽やかな味です。

 

【こちらもチェック!】

バナナジュース専門店も登場!

濃厚バナナジュースの専門店「ミバショウ」の2号店が2018年10月にオープン。お好みで野菜や果物を加えたカスタムもできます。

ミバショウ 北千住マルイ店

住所:東京都足立区千住3-92、営業時間:10:30〜20:30、定休日:なし

 

 

【その⑥】

米の代わりに食べる刻み野菜

「野菜ライス」

糖質オフ目的で米の代わりに野菜を使う商品はこれまでもありましたが、ついにイオンがPBとして発売。全国2700店舗に並び多くの人の目に触れることで、一般化することは確実です。

 

細かくてシャキシャキ冷凍で使いやすいのも◎

トップバリュ

お米のかわりに食べるカリフラワー(上)/ブロッコリー(下)

各267円

野菜をお米サイズに細かく刻み、シャキッとした食感を実現。冷凍食品のため、レンジで解凍してそのまま主食にしたり、炒飯やリゾットの一部にしたりと自由自在です。

●一部店舗では入荷待ちの場合があります

 

サラダクラブ

キャベツライス

108円

キャベツの芯を米サイズにカットした冷蔵タイプ。素材の甘さと、米のような食感が楽しめます。チャーハンなどにアレンジしても食べられ、加熱してもほのかな甘みがあって美味。カレーセットも用意。

 

 

【その⑦】

常識を覆すユニークな形状の商品が登場!

「新発想調味料」

食品はおいしさはもちろん、アイデアの斬新さや見た目のユニークさにも注目が集まりやすいです。液体のものが粉末になることで生まれる利便性は口コミを、写真映えする商品はSNSを通じてヒットする可能性が高いと言えるでしょう。

 

いくらのような形状が宝石のようだと話題に

田丸屋本店

わさビーズ

594円(23g)

静岡県産の本わさびと、その辛さ成分が主原料。海藻由来のゼリー状の皮膜で包み、いくらのような見た目に。SNSではすでに「ジュエルわさび」といわれ話題となっています。

 

水分が多い野菜の料理や弁当に最適な粉状しょうゆ

 

キッコーマン

パウダーしょうゆ

実売価格238円

独自の低温乾燥技術を採用し、しょうゆ本来の風味はそのまま。粉末状なので、水分の多い野菜を使った料理や、液だれが気になる弁当などに重宝します。わさび風味もあります。

 

【こちらもチェック!】

2017年発売の新形状しょうゆもヒットの実績あり!

2017年にキッコーマンが発売したフリーズドライのしょうゆ「サクサクしょうゆ」も、新形状のしょうゆとして話題に! サクサクとした食感とクセになる味、使い勝手の良さで人気になりました。

【関連記事】
官能の世界へようこそ! 289円で楽しめるカルディ「魅惑のベルギーチョコ」3選
今、台湾の「タピオカミルクティー」に異変が! 話題沸騰中の「食べるタピオカミルクティー」3選
【冬は日本酒】味絶品でアテにしたい「お取り寄せ酒肴」6選
次の旅行はハワイへ。地元在住ライターが教える「絶品ハンバーガー店」4選
【コストコ】万能スパゲッティからおトクなロールパンまで! コストコのヘビロテ食材5選

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです