メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安倍首相、英メイ首相と会談 EU離脱で混乱回避を要請

英国のメイ首相(左)と握手する安倍首相=2019年1月10日、AP

 【ロンドン笈田直樹】安倍晋三首相は10日午後(日本時間11日未明)、英国のメイ首相とロンドンの首相官邸で会談した。3月に予定される英国のEU(欧州連合)離脱を前に、安倍首相は「合意なき離脱」による混乱を回避し、世界経済や日系企業への悪影響を最小限にとどめるよう要請する。

     両首脳は、英国が加盟に意欲を示す環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を含め、自由貿易体制の拡大に向けた協力を確認。安倍首相が掲げる「自由で開かれたインド太平洋」構想の一環として、日英の安全保障分野での協力強化で合意する見通しだ。北朝鮮の核・ミサイル問題についても意見交換する。

     会談に先立ち、安倍首相は10日午前(日本時間10日夜)、ラグビーの聖地として知られるロンドン郊外のトゥイッケナム競技場をメイ氏とともに訪問。地元の子どもたちの大会を観戦し、秋のラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本開催をアピールした。また、現地でウォレス治安担当閣外相らからロンドン五輪などを踏まえた治安対策について説明を受け、「英国との知見の共有は非常に有益だ。今後も協力をお願いしたい」と述べた。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです