メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「大阪都構想」で法定協開催 公明との対立続いたまま

法定協議会で自民党府議と言い合いになる松井一郎知事(左端)=大阪市中央区で2019年1月11日午後2時35分、猪飼健史撮影

 「大阪都構想」の制度案(協定書)を議論する法定協議会(法定協)が11日、大阪府庁であった。松井一郎知事(大阪維新の会代表)は3月中のとりまとめを求めるが、公明党は「府民生活の改悪につながらないか、確認できない限り議論は終結できない」と述べ、日程ありきの決定を否定した。松井知事は「議員の任期内で責任を果たすべきだ」と反論し、対立は続いた。

 この日は、各会派の合意がないまま、今井豊・法定協会長(維新)が開催を決定。「会長権限の逸脱だ」など…

この記事は有料記事です。

残り473文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ORICON NEWS 関ジャニ∞、今年はUSJのクリスタル・クリスマス・アンバサダーに「人々を輝かせたいという思いで」

  5. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです