メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

パナソニック社長「8Kテレビは様子見」 米CESで取材に応じる

パナソニックとハーレーダビッドソンが共同開発した電動コネクテッドバイク=米西部ラスベガスで2019年1月7日、加藤美穂子撮影

 【ラスベガス加藤美穂子】パナソニックの津賀一宏社長は、米ラスベガスで開かれた家電IT見本市「CES」で毎日新聞などの取材に応じ、超高精細の8Kテレビについて「様子見だろう」と述べ、当面参入しない意向を示した。主なやり取りは次の通り。

 ――存在感を増すプラットフォーマーとどう付き合うか。

 ◆プラットフォーマーが生活に無くてはならない存在になったのは事実だが、我々は違う領域でサービスを提供できると思っている。スマートスピーカーのように、音声でできることは限られている。暮らしに関わることはそんな簡単なものではない。暮らしとプラットフォーマーの関係は確立されていない。

 ――昨年秋に「パナソニックは暮らしアップデート業になる」と宣言したが、韓国のサムスン電子とLG電子…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1419文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです