メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不正調査進める日産 前会長に近い外国人幹部職務外れる

日産はゴーン前会長を巡って、さらなる不正がないか調査を進めている=横浜市西区の日産自動車グローバル本社で、丸山博撮影

 日産自動車のカルロス・ゴーン前会長が追起訴されたが、不正の全容は明らかになっていない。11日には三菱自動車との統括会社から約10億円の報酬を受け取っていたことが日産の内部調査で判明。日産は今後も徹底調査し、前会長のさらなる不正を明らかにする意向だ。一方で連合を組む仏ルノーとの関係も冷え込んだまま。足元では前会長に近い幹部が職務を離れるなど経営体制の見直しも進んでいる。【松本尚也、藤渕志保】

 「多額の会社資金の不正支出は到底容認できるものでない。当社としては同様の不正支出の有無などについて…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. ORICON NEWS 嵐・櫻井翔、4・30『news zero』拡大版で有働由美子と改元の瞬間を生中継
  3. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  4. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです