メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

メキシコ国境壁で米国泥沼化 トランプ氏、国家非常事態宣言も

メキシコ国境を訪れ壁建設の必要性を訴えるトランプ大統領(左から2人目)=米南部テキサス州マッカレンで10日、AP

 【ワシントン高本耕太】トランプ米大統領は10日、南部テキサス州南端マッカレンの国境警備事務所などを視察し、メキシコ国境の壁建設の必要性を改めて訴えた。建設に反対する野党・民主党との協議が決裂した場合、議会承認なしで予算執行を可能にする「国家非常事態宣言」に踏み切る可能性にも繰り返し言及した。

 壁建設費が含まれていないことを理由に、トランプ氏が連邦政府の暫定予算案への署名を拒否したことで始まった政府機関の一部閉鎖は10日で20日目を迎え、過去最長の21日間突破は確実な情勢だ。

 トランプ氏は10日、政府機関閉鎖に対応するため、スイスで22~25日に開かれる世界経済フォーラム年…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文924文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです